×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3−これにしたで〜

予算、維持費、軽快性、本人のヤル気…全てをよ〜く考えてみました。


自転車=バイク と言っても、それこそ値段を見ても1万〜ウン10万までするとても奥の深い乗り物です。勿論今後続けて乗る事を考えると、すぐに飽きてしまうようなモノでは、続けるだけのテンションを張り続けるのは難しいでしょうし、あまり高い買い物をして、自分に維持できるだけの能力も資力もない合わない趣味だったというのでは、これまたつまらないものになってしまいます。

色々考えた挙げ句に、有る程度評価のあるのメーカー製のバイクを購入する事にしました。

予算は、悩んだ挙げ句に最低限の品質を確保する為には、最低でも5〜7万程度は覚悟しなければならないと判断して、その価格帯を狙い、バイクの種類はクロスバイク。それもタイヤは28c以上で、軽量、地元の自転車屋さんでも、修理が可能(つうか取扱してくれている所)って条件で、近所の自転車屋さんを探してみました。

ところが…。

これがなかなか無いんですよ。自転車屋さんって。ママチャリを扱っている所は沢山あるんですけど、スポーツバイクを展示してあって、実際に手にとって乗れるお店は。

あった!と思って入ってみると、MTBメインのお店だったり、逆に本格ロード向けのオリジナルバイクを扱うようなお店だったりして、以外とその手のマニアって感じの人がタムロしていて、かなり引きます。表に彼らが乗り付けたバイクが無造作に置いてあって、レーパン(レーサーパンツ)履いたお兄ちゃんが店主と話しに夢中だったりして、のっけから私がバイクを探している事を打ち明けるような状況ではありません。

って事で、通販かなぁ〜と思った矢先に、子供のスポーツ用具を買いに行った先で、偶然見付けた自転車コーナー。ホームセンター擬きかと馬鹿にしていましたが、これがなかなかでした。

大学院の自転車やっている学生がアルバイトしているそうで、お父ちゃんの訳の分からない内容の説明にも熱心に耳を傾けてくれました。

ここで買ってやろ〜っと。決心した私でした。

って事で、そのお店で私の選択肢に叶う機種と言うか、メーカーさんは3社。
GIANT・SPECIALIZED・GT。
その中でも、手頃な価格のクロスバイクをリリースしているのは、GIANTとSPECIALIZEDだけ、機種としてはGIANTはESCAPE R1とFCR 2とCRS2、SPECIALIZEDはSIRRUS A1とCROSSRIDER A1 がありました。

どれも、予算の範囲ではあるのですが、減点法でふるい分けしていきます。先ずはフロントフォークの重量増の要因であるサスペンション付き車を落とします。次ぎにタイヤ径が28c以上の物を更に選択すると、結局残ったのはGIANTはESCAPE R1とCRS2、SPECIALIZEDはSIRRUS A1。更にオートライトなんて不要ですので、CRS2を振り落とし、フロントカーボンフォークの採用で軽量に磨きが掛かるESCAPE R1か、お手軽SIRRUS A1の最終決戦となりましたが、チェーンリングの歯数構成が52Tなんて、よわっちい私の足が持ちこたえられるハズもなく。宝の持ち腐れになることは間違いありませんので、SIRRUS A1に決定しました。因みに2005年モデルが発売になっているにも関わらずに、2004年モデルを購入。(謎)

って事で、買っちゃいました。

 !    近年の自転車メーカーの例


Bianchi
BRIDGSTONE
FELT
GIANT
GT
JAMIS
KONA
LOUIS GARNEAU
Panasonic
PEUGEOT
SPECIALIZED
Cannondale
InterMax

順不同…思いついた順です。
昔のメーカー名ってあまり多くないですね。